2015年05月29日

職場復帰前に受けたセミナー(育休後コンサルタント 山口理栄氏)

職場復帰前に、会社の人事が主催した山口理栄さんのセミナーに行ってきました。

このセミナーを受ける前の私の心理状況は、
「3年も休んじゃったからな・・・自分のキャリアは復帰したらマイナススタートだろうな。どうせこのまま復帰しても、周りの同僚の様に残業バリバリできるわけじゃないし、キャリアを積み重ねる労働時間も不利だな。何だかモチベーションが上がらない。」と、超マイナス思考でした。

でも、セミナーを受けて、考え方が変わりました!

まず、育児休暇を取っている間はキャリアはストップするけど、マイナスにはならない、ということ。

私は休んだ期間に、仕事のフェーズは進んでいるにも関わらず、自分の知識は増えないどころかむしろ記憶は減って行っているので、休んだ分だけマイナスだと思い込んでいました。

実際に復帰してみて、最初はチームの仕事の状況に全くついて行けず、一杯一杯で色々と新たに教えてもらわなければならないことも沢山あり、チームの方々にはとても迷惑をかけましたが、今は慣れてきて徐々に以前のペースを取り戻しつつあります。

そして会社での評価というのも休んでいた間は最低評価になっていますが、復帰後は休む前の評価が引き継がれる=今後の頑張り次第ということでした。

もう一つ、山口さんのお話の中で印象的だったのは、育児をしている人は仕事においても格段に種々のことを判断するスピードが上がるということでした。
これは育児をしていく中で身についたスキルですね。たとえば、子育て中の女性だったら日々の生活のことをこんな風に考えたりするのではないでしょうか?

子どもが昼寝をしている間に洗濯物を取り込む。起きたら遊びに連れ出すので、その前に夕飯の準備をして、帰ったら風呂に入れるから、上がったらすぐに夕飯を食べさせられるようにしておく。子供たちが寝る前に洗濯ものを干しておいた方が良いので、ご飯を食べている間に洗濯機を回し、洗濯が終了するまではお皿を洗って片づける。(まぁ、これらの作業全てが邪魔されずにスムーズに完了することはとても珍しいのですが(笑))
こういった経験の中で、何を先にやっておくべきか、どれを先にやれば効率が良いのかという、優先順位をつけて仕事を組み立てる能力が養われている様で、実際に仕事をする中でも確かに的確に判断するスピードが増したと思います。

その他にも固定概念が邪魔をして自分では考えつかなかった内容もあったり、とても参考になるセミナーでした。山口さんが女性で技術者で育児しながらキャリアを積まれてこられた方であるというのも、きっと説得力がある理由ですね。

育休後コンサルタント.com
http://1995consultant.com/

楽天ブックス

さあ、育休後からはじめよう [ 山口理栄 ]


 
アマゾン

さあ、育休後からはじめよう―働くママへの応援歌




QLOOKアクセス解析

posted by おせん at 10:00| Comment(0) | 0.女性のキャリア

2015年05月28日

時短勤務かフルタイムで復帰か。

4月に職場復帰する時に、散々時短で復帰するのか、フルタイムで復帰するのかで迷いました。
育休から復帰される多くの方がきっと悩まれるのではないかと思います。

どういう点で悩んだかですが、例えば短時間勤務を利用したいと思った場合はこんな感じでしょうか。

 物理的なこと 心理的なこと 
自分 
 (+)通勤に余裕ができる
  (夫が不在で一人だと厳しい)
(-)給与と賞与が減額
(-) 労働時間が短くなるのでキャリアが積めなさそう。
(-)やれること(任される仕事)が限られて
モチベーションが下がりそう。
 子供 (+)親と一緒に過ごす時間が多く取れる
 (+)親と一緒に居られる時間が長いので、
さみしくない(あくまで親の主観)
 職場
(-) 時間の制限があるので、同僚が私の
仕事もフォローしなければいけない
可能性がある
(-) 制度の良しあしは置いておいて、
一緒に働きづらい?(会議の設定など。)

項目ごとの比重が違うので、何とも言えず、難しいですね。。どこに重きを置くのか、人に寄っても違うでしょうし。

最終的に私自身はフルタイムで復帰することにしました。
子どもの事や自分のことでフルタイムで生活が回るのか心配はあったのですが、勤めている会社ではフレックスタイム勤務であること、後からでも時短に変更できることが決め手になりました。

3年育休取らせてくれるし、本当に良い会社です。

さらに先日記事にした様に、保育園入所の要件が今年度から変わり、65歳未満の私の母が同居しても保育園に通わせられることも大きいです。
本来であれば、一緒に住んでいる=保育園に入所できないですし、一緒に住んでいることを内緒にすれば、もちろん毎日のお迎えは母にお願いできないですから、母に居てもらうのは短期間でと考えていました。

ですがやはり身近に手伝ってくれる人が居るというのは子どもたちにとっても、わたしにとってもメリットが本当に大きいです。

ちなみになるべく通勤に時間がかからないようにと家は会社から30分位のところにあります。

こういう事は定量的に測るのが難しいですね。
まとめてみようと思いましたが、やはり混沌としています^^;

-----
参考までに私の情報です・・・(いらないって?)
フルタイム(フレックス)
夫が単身赴任中
自宅と職場の間に保育園がある(自宅から職場に直接行くと、バスと徒歩で25分位。)
双子の祖母がお迎え&家事を大部分手伝ってくれる


QLOOKアクセス解析

posted by おせん at 10:00| Comment(0) | 0.女性のキャリア