2015年05月31日

梅シロップとレモンシロップ

毎年この季節が楽しみなのです♪
週の初めに届いた青梅をやっと土曜日にシロップ用に瓶に詰めました。

以前は冷凍した梅を使っていたのですが、今年はそのままでチャレンジです。

150531_1_03.jpg

そしてもう一つは生協で取っておいた国産レモン。こちらもシロップ用に瓶に入れました。
150531_1_01.jpg

外国産のレモンだと防かび剤何かが塗布されていたりするので、皮ごと使えませんからね。国産に限ります。

どちらも単純に梅orレモンと砂糖を交互に入れるだけです。

水分が出てきたら、毎日上下にひっくり返したりして、溶けていない砂糖に水分を行き渡らせます。

レモンシロップの素は2,3日後には飲めそうです。

梅は今年は冷凍しなかったので、まだまだ時間がかかりそうです。飲めるようになるのが楽しみです♪
次は何をしようかな?

この季節だけのお楽しみ♪青梅(楽天)

Ball Quilted Jelly Jar 12oz(楽天)


我が家では今回アメリカから持ち帰ったBallのリフターを使ったのですが、高いのですね。。これを手にする前まではトングで頑張ってやっていましたが、熱湯から取り出すのは至難の業でした。みなさんはどうしていらっしゃるのでしょうか?
Ball リフター(楽天)

Weckグラスリフター(楽天)


QLOOKアクセス解析



posted by おせん at 22:25| Comment(0) | 日記

2015年05月29日

職場復帰前に受けたセミナー(育休後コンサルタント 山口理栄氏)

職場復帰前に、会社の人事が主催した山口理栄さんのセミナーに行ってきました。

このセミナーを受ける前の私の心理状況は、
「3年も休んじゃったからな・・・自分のキャリアは復帰したらマイナススタートだろうな。どうせこのまま復帰しても、周りの同僚の様に残業バリバリできるわけじゃないし、キャリアを積み重ねる労働時間も不利だな。何だかモチベーションが上がらない。」と、超マイナス思考でした。

でも、セミナーを受けて、考え方が変わりました!

まず、育児休暇を取っている間はキャリアはストップするけど、マイナスにはならない、ということ。

私は休んだ期間に、仕事のフェーズは進んでいるにも関わらず、自分の知識は増えないどころかむしろ記憶は減って行っているので、休んだ分だけマイナスだと思い込んでいました。

実際に復帰してみて、最初はチームの仕事の状況に全くついて行けず、一杯一杯で色々と新たに教えてもらわなければならないことも沢山あり、チームの方々にはとても迷惑をかけましたが、今は慣れてきて徐々に以前のペースを取り戻しつつあります。

そして会社での評価というのも休んでいた間は最低評価になっていますが、復帰後は休む前の評価が引き継がれる=今後の頑張り次第ということでした。

もう一つ、山口さんのお話の中で印象的だったのは、育児をしている人は仕事においても格段に種々のことを判断するスピードが上がるということでした。
これは育児をしていく中で身についたスキルですね。たとえば、子育て中の女性だったら日々の生活のことをこんな風に考えたりするのではないでしょうか?

子どもが昼寝をしている間に洗濯物を取り込む。起きたら遊びに連れ出すので、その前に夕飯の準備をして、帰ったら風呂に入れるから、上がったらすぐに夕飯を食べさせられるようにしておく。子供たちが寝る前に洗濯ものを干しておいた方が良いので、ご飯を食べている間に洗濯機を回し、洗濯が終了するまではお皿を洗って片づける。(まぁ、これらの作業全てが邪魔されずにスムーズに完了することはとても珍しいのですが(笑))
こういった経験の中で、何を先にやっておくべきか、どれを先にやれば効率が良いのかという、優先順位をつけて仕事を組み立てる能力が養われている様で、実際に仕事をする中でも確かに的確に判断するスピードが増したと思います。

その他にも固定概念が邪魔をして自分では考えつかなかった内容もあったり、とても参考になるセミナーでした。山口さんが女性で技術者で育児しながらキャリアを積まれてこられた方であるというのも、きっと説得力がある理由ですね。

育休後コンサルタント.com
http://1995consultant.com/

楽天ブックス

さあ、育休後からはじめよう [ 山口理栄 ]


 
アマゾン

さあ、育休後からはじめよう―働くママへの応援歌




QLOOKアクセス解析

posted by おせん at 10:00| Comment(0) | 0.女性のキャリア

2015年05月28日

時短勤務かフルタイムで復帰か。

4月に職場復帰する時に、散々時短で復帰するのか、フルタイムで復帰するのかで迷いました。
育休から復帰される多くの方がきっと悩まれるのではないかと思います。

どういう点で悩んだかですが、例えば短時間勤務を利用したいと思った場合はこんな感じでしょうか。

 物理的なこと 心理的なこと 
自分 
 (+)通勤に余裕ができる
  (夫が不在で一人だと厳しい)
(-)給与と賞与が減額
(-) 労働時間が短くなるのでキャリアが積めなさそう。
(-)やれること(任される仕事)が限られて
モチベーションが下がりそう。
 子供 (+)親と一緒に過ごす時間が多く取れる
 (+)親と一緒に居られる時間が長いので、
さみしくない(あくまで親の主観)
 職場
(-) 時間の制限があるので、同僚が私の
仕事もフォローしなければいけない
可能性がある
(-) 制度の良しあしは置いておいて、
一緒に働きづらい?(会議の設定など。)

項目ごとの比重が違うので、何とも言えず、難しいですね。。どこに重きを置くのか、人に寄っても違うでしょうし。

最終的に私自身はフルタイムで復帰することにしました。
子どもの事や自分のことでフルタイムで生活が回るのか心配はあったのですが、勤めている会社ではフレックスタイム勤務であること、後からでも時短に変更できることが決め手になりました。

3年育休取らせてくれるし、本当に良い会社です。

さらに先日記事にした様に、保育園入所の要件が今年度から変わり、65歳未満の私の母が同居しても保育園に通わせられることも大きいです。
本来であれば、一緒に住んでいる=保育園に入所できないですし、一緒に住んでいることを内緒にすれば、もちろん毎日のお迎えは母にお願いできないですから、母に居てもらうのは短期間でと考えていました。

ですがやはり身近に手伝ってくれる人が居るというのは子どもたちにとっても、わたしにとってもメリットが本当に大きいです。

ちなみになるべく通勤に時間がかからないようにと家は会社から30分位のところにあります。

こういう事は定量的に測るのが難しいですね。
まとめてみようと思いましたが、やはり混沌としています^^;

-----
参考までに私の情報です・・・(いらないって?)
フルタイム(フレックス)
夫が単身赴任中
自宅と職場の間に保育園がある(自宅から職場に直接行くと、バスと徒歩で25分位。)
双子の祖母がお迎え&家事を大部分手伝ってくれる


QLOOKアクセス解析

posted by おせん at 10:00| Comment(0) | 0.女性のキャリア

2015年05月27日

アッパッパー

「あんた、アッパッパーみたいなの着て、おばちゃんみたい。」 多分もっと若い世代の人たちが読んだら、何かの呪文だと思うに違いない(笑) アッパッパーって!! これ、私が母に最近言われたことです^^; 母は私が毎日チュニックを来ている姿を見てそう言ったんですが、おばあちゃんにおばちゃんなんて言われるとは(絶句) 私だって、タイトな服とか着たいんですよ! でも腹の肉が・・・ズボンに乗っているのが丸わかりなんです(;_:) それで着られない服がいくつあることか! 簡単に痩せられれば苦労しないわよ。 QLOOKアクセス解析
posted by おせん at 10:00| Comment(0) | 日記

2015年05月26日

八重咲きのアマリリス

母が実家から持ってきたアマリリスです。
持ってきたときに、数日間植え替える時間がなく、ひん死の状態でしたが、見事に息を吹き返しました!
とても綺麗です♪

150524_1_01.jpg

株分けもできるらしいので、チャレンジしたいです。

ゴージャス^^
150524_1_02.jpg


QLOOKアクセス解析
posted by おせん at 10:00| Comment(0) | 3.庭仕事

2015年05月25日

トイレトレーニング再開

保育園の担任の先生より、最近おむつが濡れていないので、保育園でも短時間からパンツに挑戦してみたいと思います、とお話がありました。

家でも再開!

同じクラスの子供たちは、殆どおむつが外れています。
ちょっと焦るけど、月齢が一番小さいので、という言い訳の下、あまり急かさずに再挑戦したいと思います。

今はおまるを部屋の隅っこ、本人たちの目のつく所に置いておいています。
最初はおまるは大きい方用、と思っていたけど、自分たちでズボンを下ろしたら親が手伝わなくてもすぐに座れるので、子にとっても親にとっても子の方が良い様です。

しばらく様子見です。

QLOOKアクセス解析
posted by おせん at 10:00| Comment(0) | 0.仕事と育児

2015年05月24日

Di van Niekerkの刺しゅうキット(リボン刺しゅうとスタンプワーク) Daffodils, Lavender & Violas

これがようやく最後のパートです。

150519_1_03.jpg

ビオラなんて、作り方はシンプルなのに刺し方の組み合わせで、そのように見えるので、リボン刺しゅうって不思議です!

水仙はラッパの部分はテキスト通りにやってもうまく行かなかったので、少しやり方を変えました。

最近は全く手芸をやる時間がないので、少しさみしいです。
刺したいパターンは色々とあるのですが、家でやらなければいけないことはたくさんあるし、心にゆとりができないと難しそうです。

こちらは全体図↓
150519_1_02.jpg
(写真がボケまくっていて申し訳ないです。)

12パートを3,4ヶ月で刺し終えるのが最短なのですが、やはり子供を見ながらで時間を取るのが難しく、
私は7か月かかりました。

いつになったら自分の時間ができるのかな。働くのも大好きなんだけど、定年が待ち遠しいです(笑)

Ribbon Embroidery and Stumpwork(Di van Niekerk)をアマゾンで探す。




Di van Niekerk

http://www.dicraft.co.za/blog/



Chameleon Thread

http://www.chameleonthreads.co.za/

リボン

刺しゅう糸

QLOOKアクセス解析
posted by おせん at 10:00| Comment(0) | 3.手芸